現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

生死分けた避難階段の確認 元救急隊員の証言 千日ビル火災50年

千日デパートビルに救急隊員として駆けつけた植尾昌彦さん。今も避難階段の重要性を説いている=4月、大阪市中央区(須谷友郁撮影)
千日デパートビルに救急隊員として駆けつけた植尾昌彦さん。今も避難階段の重要性を説いている=4月、大阪市中央区(須谷友郁撮影)

昭和47(1972)年5月13日夜に発生し、118人の犠牲者を出した大阪・ミナミの千日デパートビル火災から50年。当時、大阪市消防局の救急隊員として救助活動にあたった植尾(うえお)昌彦さん(80)が産経新聞の取材に応じ、当時の状況や火災の教訓を語った。

窓からホステスが降ってきた…118人犠牲の惨劇 千日ビル火災50年


――火災発生時の状況は

当時30歳で、市消防局南消防署で救急隊員をしていた。「千日デパートビルから出火」との一報を受けて、はしご車やポンプ車など5台で一斉に現場に急行した。ビル正面に着くと3、4階から黒煙が上がっていた。周辺はやじ馬でごった返しており、ビルの目の前を走る阪神高速から車を止めて様子をうかがう人もいた。

――どんな救助活動を行ったか

(大勢が取り残されている7階のキャバレー「プレイタウン」を目指して)ビルに突入したが、煙と熱気で3階から上には進めなかった。正面に戻ると、群衆の悲鳴と同時に7階の窓から男性が飛び降りて、私の右腕をかすめて地面に落下した。男性を病院へ搬送し、再び現場に戻った。煙や熱気に耐え切れず、7階からは次々と人が飛び降り、ビル隣の商店街のアーケードを突き破って「ドーン」と落下した。周囲の人と協力しながら救助シートを広げて落ちてきた人を受け止め、6人ほど救助したと思う。

ランキング

  1. 「国際テロの魔女」重信房子受刑者が28日出所 動向に注目

  2. ミナミで通行人に「なに見とんねん」と因縁 傷害容疑で半グレ3人を逮捕

  3. 痴漢疑われた男性、転落死 駅事務室の窓から、横浜

  4. 千葉・富里で外国人男性3人殺傷か アパートや路上

  5. 昭和天皇の肖像燃やすシーン「憎悪や侮辱の表明ではない」 名古屋地裁 愛知のトリエンナーレ

  6. 立民新人候補宅に異臭液体か 参院・山口

  7. 高校生暴行疑い自衛官逮捕 北海道、専用席注意され

  8. 病院置き去り死 傷害致死容疑で 32歳男 再逮捕

  9. 滋賀医大生を逮捕 女子大生に性的暴行の疑い

  10. 愛内さん「性被害で引退」 セクハラ訴訟の本人尋問 大阪地裁

会員限定記事