阪神は投打がかみ合わず連敗 広島に今季8戦未勝利

【広島―阪神】八回1死二、三塁の好機で、空振り三振に倒れた阪神の代打ロハス=5月11日、甲子園(安部光翁撮影)
【広島―阪神】八回1死二、三塁の好機で、空振り三振に倒れた阪神の代打ロハス=5月11日、甲子園(安部光翁撮影)

早めの継投で好調の救援陣に託したが、わずか1点のリードでは持ちこたえられなかった。11日の広島戦で、阪神は先発の秋山を見切って2-1の五回から投手をつぎ込んだものの、3番手の渡辺が六回に2点を失い2-3の逆転負け。終盤の逆転機もふいにし、矢野監督は「何とかしようという気持ちで行ってくれているとは思うんやけど。三振じゃね」とため息をついた。

秋山は一回に先制を許した直後に2点の援護をもらったが、毎回走者を出す苦しい内容。指揮官は「上位(打線)にいい感じに打たれていたんで、まああそこまでかな」と早めに手を打った。しかしこれまで11試合無失点だった左腕渡辺で逆転されると、打線は七回1死満塁からマルテ、佐藤輝が連続三振。八回1死二、三塁の好機も代打ロハスが空振り三振の後、続く梅野は遊ゴロに倒れた。

投打がかみ合わず、広島には開幕から1分けを挟んで7連敗。6連勝の後、3カード連続負け越しとなった。(大石豊佳)

会員限定記事会員サービス詳細