「トランプ氏のツイッター凍結は間違い」とマスク氏

トランプ前米大統領=4月、米オハイオ(ロイター)
トランプ前米大統領=4月、米オハイオ(ロイター)

米短文投稿サイトのツイッターの買収で合意した電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、ツイッターがトランプ前米大統領のアカウントを永久凍結したのは「間違いだったと思う」との認識を示した。

マスク氏は、英紙フィナンシャル・タイムズが開いたイベントにオンラインで出席して「永久凍結は極めてまれであるべきだ。トランプ氏の凍結措置は正しくなかったと思う」と述べた。

昨年1月の米議会襲撃事件を受け、トランプ氏のアカウントは暴力扇動のリスクがあるとして永久凍結された。トランプ氏は今年4月、マスク氏がツイッターを買収した場合も「戻らない」との意向を示していた。

マスク氏は総額440億ドル(約5兆7千億円)でツイッターを買収することで合意し、ツイッター上の「言論の自由」を確保するとしている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細