反ワクチン「神真都Q」メンバーか 接種会場侵入容疑で3人逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

新型コロナウイルスのワクチン接種に反対し東京都内の接種会場に押し入ったとして、警視庁公安部は11日、建造物侵入の疑いで、いずれも職業不詳の平野博(49)=東京都新宿区中里町▽宮里未央(49)=世田谷区北沢▽伊原和子(57)=台東区浅草-の3容疑者を逮捕した。3人は新型コロナのワクチン接種に反対する団体「神真都(やまと)Q会」メンバーとみられる。公安部は3人の認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は、先月7日午前9時40分ごろ、ワクチン接種を中止させる目的で渋谷区のクリニックに侵入したとしている。

事件を巡っては、神真都Q会のリーダーを自称し、岡本一兵衛を名乗る倉岡宏行被告(43)らメンバー4人が建造物侵入罪で起訴されている。

神真都Q会は、3月15日にはワクチン接種会場となっていた東京ドーム(文京区)で抗議活動を行ったほか、同29日には、新宿区の子供向け接種会場に押し入って接種を一時中断させるなどしており、公安部が調べを進めている。

会員限定記事会員サービス詳細