生徒の靴に体液 器物損壊容疑で教諭を逮捕、広島

勤務する広島県立高校の女子生徒の靴に体液を付けたとして、広島県警広島西署は11日、器物損壊の疑いで、教諭の尾茂田浩輝容疑者(28)=同県廿日市市塩屋=を逮捕した。署によると「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年11月12日、げた箱にあった当時高校3年生の通学用の靴に、自身の精液と唾液が混ざったものを付けたとしている。被害者が学校に報告し、学校が警察に相談した。

署によると、同校では令和2年秋から同じような被害が複数あり、関連を調べている。

県教育委員会によると、尾茂田容疑者は臨時採用され同校で勤務。県教委は「生徒、保護者、県民におわびしたい。詳細を確認し、厳正に対処する」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細