撃たれたのは暴力団組員 三重の発砲、拳銃も発見

三重県伊賀市の病院駐車場で10日に発生した発砲事件で、県警は11日、撃たれたのは指定暴力団絆会組員(54)と確認した。同市の山林で拳銃のようなものを発見したと発表。県警伊賀署に捜査本部を設置し、殺人未遂容疑で発砲後に逃げた男の行方を追っている。

事件は10日午前11時半ごろ、乗用車内にいた組員が男に銃のようなもので複数回撃たれ、右腕を骨折する重傷を負った。

絆会は、特定抗争指定暴力団神戸山口組から一部幹部が離脱して結成された



会員限定記事会員サービス詳細