10億円分ギフトカード詐取 元社員を逮捕

警視庁の庁舎=東京都千代田区
警視庁の庁舎=東京都千代田区

取引先に架空発注してギフトカード10億円分をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は11日、詐欺の疑いで「博報堂プロダクツ」元社員、小林司容疑者(47)=東京都大田区=を逮捕した。「すべてチケットショップで現金化した」などと容疑を認めているという。

逮捕容疑は令和2年11月、博報堂プロダクツの正式発注を装い、都内の印刷会社に5000円のギフトカード計20万枚を発注し、詐取したとしている。

捜査2課によると、小林容疑者は平成28年~令和2年12月ごろ、印刷会社など3社に計約150回にわたり、ギフトカード計約250億円分を架空発注していた。

ギフトカードは換金し、自転車操業のように大半は発注の支払いに充てていたが、約4億円は車のローンやモデルガンの購入資金など個人的に使っていた。

博報堂DYホールディングスは昨年2月、小林容疑者による不正を発表、損失は約27億円に上るとしていた。小林容疑者は同年1月に懲戒解雇処分となった。

会員限定記事会員サービス詳細