台湾、コロナ感染5万7000人超す

台湾・衛生福利部長(衛生相)の陳時中氏
台湾・衛生福利部長(衛生相)の陳時中氏

台湾の陳時中衛生福利部長(衛生相)は11日の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな市中感染者が5万7188人確認されたと発表した。1日当たりの感染発表数は10日に初めて5万人超となり、11日付の台湾紙は「アジアでトップ」と報じた。

累計の市中感染者数は49万3410人で、うち42万1703人が今年の感染者。ただ、今年の感染者の99%超が無症状か軽症のため、蔡英文政権は接触者の隔離期間を短縮するなど緩和策も推進して「ウイルスとの共存」を目指している。

中央感染症指揮センターは今月下旬から来月上旬に感染のピークを迎えると予測している。先月の感染拡大以降、多くの企業が在宅勤務を実施し、繁華街などの人出は大幅に減少した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細