近畿中部防衛局を家宅捜索 空自施設工事談合

近畿中部防衛局の家宅捜索に入る愛知県警の捜査員ら=11日午後1時、大阪市中央区
近畿中部防衛局の家宅捜索に入る愛知県警の捜査員ら=11日午後1時、大阪市中央区

航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)内の研究施設建築工事の一般競争入札を巡る官製談合事件で、愛知県警は11日、工事発注元の近畿中部防衛局(大阪市中央区)を家宅捜索した。関連資料を押収し、情報漏洩(ろうえい)の経緯を調べる。

同局元建築課長の稲垣正義容疑者(60)は、研究施設に関する一般競争入札で建設会社・アイサワ工業(岡山市)を含む共同企業体(JV)に落札させようと、別の入札者の評価点や順位などの秘密事項を漏らしたとして、10日に官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された。元防衛省職員で同社顧問の村上泉容疑者(65)も同容疑で逮捕された。

工事は、アイサワ工業を含むJVが落札。両容疑者は同時期に防衛省の同じ部署で勤務していた時期があり、上司と部下の関係にあった。

県警は既にJVの関係先複数箇所を家宅捜索している。

会員限定記事会員サービス詳細