「しまむら」でシステム障害 不正アクセス、影響2千店

衣料品販売大手のしまむらは11日、不正アクセスによるシステム障害が発生したと発表した。グループ約2200店で衣料品などの取り寄せサービスが利用できない状況が続いており、復旧を急いでいる。現時点で顧客の個人情報の流出は確認されていないという。

しまむらによると、4日に外部からのサイバー攻撃を受けた。被害の拡大を防ぐため、一時的に店舗でクレジットカードなどのキャッシュレス決済を停止したが、安全性が確認できたとして6日に決済を再開した。

しまむらはシステム障害を発生直後に公表しなかったことについて「犯罪者集団の増長を招くことを考慮し、当社からの情報開示は最低限にとどめている」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細