「慰安婦で誤解」大阪市長が米大使に発言、サ市提携解消で

米国のエマニュエル駐日大使(左)の表敬訪問を受けた大阪市の松井一郎市長=11日午後、市役所
米国のエマニュエル駐日大使(左)の表敬訪問を受けた大阪市の松井一郎市長=11日午後、市役所

大阪市の松井一郎市長は11日、市役所で米国のエマニュエル駐日大使の表敬訪問を受けた。慰安婦問題を巡り、同市と米カリフォルニア州サンフランシスコ市が平成30年に解消した姉妹都市提携に言及し「(慰安婦が性奴隷との)誤解が生じて解消状態になっているのは非常に残念だ。われわれの思いを受け止めてほしい」と述べた。

大阪市とサ市は昭和32年から60年以上にわたって姉妹都市提携していたが、平成30年にサ市が慰安婦を「性奴隷」と記した碑文や像を公共物化したことに大阪市が強く反発。「信頼関係が根本から崩れた」として、提携を解消した。

松井氏は「史実にのっとり誤解が解消されるように大使の力をお借りしたい」と要請。これに対し、エマニュエル氏は「人と人とのフィーリング、感情はつながっている」と述べるにとどめた。

表敬訪問後、松井氏は記者に慰安婦の話題を持ち出した意図を問われ、「朝日新聞は虚偽を認めたが、世界中に誤解している人がいる。ことあるごとに言い続けないと、いつの間にか事実として流布される可能性がある」と答えた。

会員限定記事会員サービス詳細