製造棟ごとの再開中止 三幸製菓火災

火災があった三幸製菓の工場=2月12日午前、新潟県村上市
火災があった三幸製菓の工場=2月12日午前、新潟県村上市

工場火災で従業員6人が死亡した米菓大手「三幸製菓」が、火災があった荒川工場(新潟県村上市)を製造棟ごとに生産再開をする予定だったところ、消防から「工場全体の防災対策を行った上での再開を」と指摘を受けて再稼働の時期を見直したことが11日、同社などへの取材で分かった。

同社は2月の火災以降新潟県内の全3工場で生産を停止。再稼働は「5月中旬以降」をめどとし、荒川工場は安全確認ができた製造棟ごとに再開をしていく方針だった。

しかし管轄する村上市消防本部から、荒川工場全体での防災対策をした上で再開するように指摘を受け方針を変更した。

ほかの2工場は、当初から工場全体での再開を予定。同社は「現時点で再開日が確定した工場はない」としている。

三幸製菓、5月に生産再開 全従業員が避難訓練

三幸製菓工場火災から11日で2カ月 生々しく残る焦げ跡 新潟・村上

三幸製菓を家宅捜索 6人死亡火災で新潟県警

会員限定記事会員サービス詳細