現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

日本民族「性悪説」の檻から出よ モラロジー道徳教育財団教授・麗澤大学客員教授・西岡力

西岡力氏(宮崎瑞穂撮影)
西岡力氏(宮崎瑞穂撮影)

わが国が主権を回復して70年になる。ところがロシアの侵略戦争を前にしても憲法を改正して国軍を持つという主権国家なら当然なすべきことを未(いま)だにできないでいる。その根本的理由は日本民族「性悪説」の檻(おり)に閉じ込められ、精神における主権回復ができていないことだと、私は考えている。

憲法にも歪んだ歴史観

そのことは、憲法前文の「日本国民は、…政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意(する)」という一節に象徴される。ここに書かれている「政府の行為」とは何を意味するのか。13歳の少女を拉致した北朝鮮のような無法行為を指すのか。そうではない。現行憲法は占領軍が英文で原案を作った。だから、英文のその部分を見ると正確な意味がわかる。

ランキング

  1. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  2. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  3. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  4. 【産経抄】5月17日

  5. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  6. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  7. 【浪速風】国技が教えてくれる

  8. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

  9. 【浪速風】獄死者も…祖国日本による救出を待つ同胞たち

  10. 【石平のChina Watch】中国軍の実態暴く司令官寄稿

会員限定記事