新婦下着に体液かけた疑い 結婚式場で、市臨時職員

三重県警津署は11日、アルバイト先の結婚式場で昨年10月、20代新婦の下着に体液をかけたとして、器物損壊の疑いで、津市夢が丘の津市会計年度任用職員、深川亜勇容疑者(22)を逮捕した。容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年10月16日午後2時45分~8時半、津市内の結婚式場の新郎新婦控室にあった新婦のブラジャーに、自身の体液をかけたとしている。

当時大学生で、この結婚式場でアルバイトをしていた。控室に鍵はかかっていなかった。

会員限定記事会員サービス詳細