「かつめし」PRの石像破壊容疑、会社員逮捕

破壊された「かつめし」のPRキャラクターの石像=9日、兵庫県加古川市(加古川観光協会提供)
破壊された「かつめし」のPRキャラクターの石像=9日、兵庫県加古川市(加古川観光協会提供)

兵庫県加古川市の名物「かつめし」のPRキャラクターの石像2体のうち1体を壊したとして、兵庫県警加古川署は11日、器物損壊の疑いで、神戸市兵庫区駅南通、会社員、小村慶容疑者(30)を逮捕した。署によると「壊したことに間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は8日午後9時5分ごろ、加古川市加古川町寺家町の商店街の歩道で、加古川観光協会が管理する石像を破壊したとしている。

石像は高さ約65センチ、幅約45センチ。「かっつん」と「デミーちゃん」2体のうち、かっつんは頭部や胴体がばらばらになって地面に落ち、両脚のみが台座に残っていた。デミーちゃんは無事だった。

破壊される前の「かつめし」のPRキャラクターの石像=兵庫県加古川市(加古川観光協会提供)
破壊される前の「かつめし」のPRキャラクターの石像=兵庫県加古川市(加古川観光協会提供)

署によると、目撃者の証言や防犯カメラの映像から小村容疑者が浮上した。8日は付近で知人と酒を飲んでいたという。

「かつめし」はビーフカツをご飯に乗せ、デミグラスソースをかけて箸で食べる市のご当地グルメとして知られている。

会員限定記事会員サービス詳細