小林陵、平野歩が最優秀賞 全日本スキー連盟表彰式

全日本スキー連盟の2021~22年シーズン最優秀選手賞を受賞し、喜びを語るジャンプ男子の小林陵侑=10日、東京都品川区
全日本スキー連盟の2021~22年シーズン最優秀選手賞を受賞し、喜びを語るジャンプ男子の小林陵侑=10日、東京都品川区

全日本スキー連盟は2021~22年シーズンの最優秀選手賞に北京冬季五輪でともに金メダルを獲得したジャンプ男子の小林陵侑(土屋ホーム)と、スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢(TOKIOインカラミ)を選び、10日、東京都内で表彰式を開いた。

ワールドカップ(W杯)でも2度目の個人総合優勝を達成した小林陵は「すごくいい結果が出て、素晴らしいシーズンとなった。最高です」と喜びを語り、平野歩は「小さい頃の夢をかなえることができ、いい年になった」とビデオメッセージを寄せた。

優秀選手賞はノルディック複合男子で銅二つを獲得した渡部暁斗(北野建設)、フリースタイルスキー男子モーグルで銅の堀島行真(トヨタ自動車)、スノーボード女子ハーフパイプで銅の冨田せな(アルビレックス新潟)、同ビッグエア3位の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)らが受賞した。

会員限定記事会員サービス詳細