IBC岩手放送社員を逮捕 児童買春疑い

10代の少女に現金を渡すと約束して性行為をしたとして、盛岡東署は10日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、盛岡市神子田町、IBC岩手放送のラジオ放送部ディレクター、滝村知大容疑者(36)を逮捕した。署によると、容疑を否認している。

逮捕容疑は、令和3年12月上旬、少女が18歳未満と知りながら、現金を渡す約束をし、性行為をしたとしている。

少女の家族から相談を受け、捜査していた。署は2人が出会った経緯や現金の授受の有無などを調べる。

IBC岩手放送は「誠に遺憾であり、心からおわび申し上げます。今後、事実関係を確認し、厳正に対処してまいります」とのコメントを発表した。

会員限定記事会員サービス詳細