初の東大出身・須山が前相撲「始まったという気持ち」

前相撲で山田海(右)を破り、白星デビューを果たした須山=10日、東京・両国国技館
前相撲で山田海(右)を破り、白星デビューを果たした須山=10日、東京・両国国技館

初の東京大学相撲部出身力士の須山(24)=本名須山穂嵩、埼玉県出身、木瀬部屋=が大相撲夏場所3日目の10日、新弟子たちによる前相撲に出場した。

午前9時すぎ、観客100人程度と閑散とした東京・両国国技館の土俵で、山田海(出羽海部屋)と対戦。立ってすぐ右を差し、腕を返しながら寄って寄り倒した。オンライン取材に応じた24歳は「いつもと同じ気持ちで取れた。始まったなという気持ちです」と落ち着いた表情で〝初陣〟を振り返った。

いずれ髷を結うことを考慮し、髪の長さをそろえるため10日ほど前に丸刈りにした。まだ東大文学部の現役学生であるため、稽古の合間に、浴衣姿で下駄を履いてキャンパスに通っているという。「今、大学の食堂は関係者以外入れないので、『学内の方ですか?』と聞かれた。両親からは『けがせず、頑張ってくれ。あと(大学は)卒業してくれ』と言われた。頑張ろうと思う」と語った。

前相撲は新弟子検査に合格した力士などが取る。出場すると、翌場所、序ノ口にしこ名が記載される。

会員限定記事会員サービス詳細