ニホンオオカミ 日本で誕生 DNA解析で従来説覆す

ニホンオオカミの剝製標本(国立科学博物館提供)
ニホンオオカミの剝製標本(国立科学博物館提供)

日本に多く生息したが20世紀初めに絶滅したニホンオオカミは大昔に来た巨大オオカミと、3万7千~1万4千年前ごろにユーラシア大陸から入ったオオカミが交雑して日本列島で生まれた―。瀬川高弘山梨大講師(古代環境DNA)らの研究チームが10日までに、化石のDNA解析に基づく新説をまとめた。従来説よりもかなり複雑な進化だった可能性がある。

小型のニホンオオカミは遅くとも約9千年前には日本に存在していたとされる。一方、化石の分析から2万年以上前の日本には世界最大級の巨大オオカミがいたことも分かっている。この二つの関係について①大型オオカミが小型化した②それぞれ別種―との仮説があったが、いずれでもないことが分かった形だ。

DNA解析をした3万5千年前の巨大オオカミの化石
DNA解析をした3万5千年前の巨大オオカミの化石

栃木県佐野市で見つかった3万5千年前の巨大オオカミと、5千年前のニホンオオカミの化石からDNAを抽出し、遺伝子を解析した。二つには遺伝的な関係があり、さらに現在の大陸に生息する系統ともつながることが確かめられた。

会員限定記事会員サービス詳細