米、ウクライナ産鉄鋼への関税を停止 1年間、輸出を後押し

米国旗(ロイター)
米国旗(ロイター)

米商務省は9日、ウクライナ産の鉄鋼製品への関税を1年間停止すると発表した。ロシアに侵攻されたウクライナにとって鉄鋼は主要産業で、関税の一時停止で輸出を後押しするのが狙いだ。

商務省は「付近での戦闘にもかかわらず、ウクライナの一部製鉄所は生産を再開している」と指摘。レモンド商務長官は「製鉄所がウクライナの人々の経済的な生命線であり続けるためには、鉄鋼を輸出できる必要がある」との声明を出した。

同時にロシアへの制裁の一環となる半導体などの対ロ輸出規制に関し、米国からロシアへの今年2月下旬から4月下旬までの規制対象製品の輸出額が前年同期より97%減ったことも公表した。米国からロシアへの輸出額全体は約79%減った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細