現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

エール

笑っているだけでいい わが子の発達にとらわれないで

小学5年のときの息子。散歩中の井の頭公園でリラックスしています(国沢さん提供)
小学5年のときの息子。散歩中の井の頭公園でリラックスしています(国沢さん提供)

「療育」という言葉を、聞いたことはありますか。障害のある子どもを育てている方はよくご存じかと思いますが、そうでない方にとっては初めて聞く言葉かもしれませんね。

療育とは、障害のある子どもが社会生活に必要な力を身につけられるよう支援することです。療育機関の先生が子どもの障害特性をみて、どんな取り組みをすればいいかを決めます。21歳の自閉症の息子は幼い頃、療育のおかげで着替えやうがい、靴を靴箱に入れるなど、いろんなことができるようになりました。親にとっても、日々の暮らしでのわが子への接し方を教えてくれる、心強い存在です。でも発達障害児の親御さんの相談を受けていて、気になることもあります。

「自立に向けて、これをした方がいい」「これはやめた方がいい」。療育機関だけでなく、親にはドクターや先輩保護者からも、さまざまなアドバイスが集中します。そのすべてを実践するには、とてつもないエネルギーが必要です。1日は24時間しかなく、子育て以外にも、家事や仕事など、やることはたくさんありますから。アドバイスに応えようと奮闘し、それがかなわず、自分を責めて自信をなくしてしまう…そんな親御さんを、これまでたくさん見てきました。

私には、息子が5歳のときの忘れられない思い出があります。当時の私は「今のうちに、できることは何でもしよう」と、3カ所の療育機関に息子を連れて行っていました。そんな日々に疲れた初夏のある日、ふと「今日は公園に行こう!」と思いつき、療育をサボったことがあります(欠席の連絡はしましたよ)。「広い野原のある公園で、息子とのんびり過ごそう!」「寝っ転がって、一緒に空を見上げよう!」と。

ランキング

  1. ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立 [Sponsored]

  2. 投資と節約で1億円貯蓄 47歳会社員が「FIRE」を達成した極意

  3. 川上未映子さん、英ブッカー国際賞受賞逃す 長編小説「ヘヴン」

  4. 「政争の具にしたくない」 プーチン大統領招待見送りで広島市長

  5. 将棋の谷川九段が永世名人襲位、4人目

  6. <独自>医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記

  7. 【動画】対談【藤井聡太棋聖×奥泉光さん】「AIと違っても自分の第一感を否定しない」 ヒューリック杯棋聖戦6月3日開幕

  8. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(25)元WBA世界王者・上原康恒 「沖縄の星」の引退

  9. 厚労省、従来の保険証「原則廃止」を提案 異論噴出

  10. 和田アキ子さんがコロナ感染

会員限定記事