マッケンジーが得点王 ラグビーリーグワン1部

ラグビーのリーグワンは10日、レギュラーシーズン全16節が終了した1部の個人賞を発表し、191得点をマークしたバックスのマッケンジー(東京SG)が得点王に輝いた。

トップリーグを刷新したリーグワンは今季が最初のシーズン。トライ王は11トライを挙げたCTBライリー(埼玉)とWTB山下楽(神戸)が獲得した。防御ラインを突破した回数が最多の「ベストラインブレイカー」は、22回を記録したWTB根塚(東京ベイ)が受賞した。

会員限定記事会員サービス詳細