現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

ウォーホル250億円 過熱する現代アート市場

米ポップアート界の巨匠、アンディ・ウォーホル(1928~87年)が米女優マリリン・モンローを題材に制作した作品が、ニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、米国人芸術家の作品としては過去最高の1億9500万ドル(約250億円)で落札された。

コンテンポラリーアート(現代アート)の市場は今、世界的に過熱している。背景には近代以前の「名画」の品不足に加え、コレクターが競り落とした金額の多寡が作品の価値を決める傾向が強くなっている現状がある。

1990年代に入り、印象派など近代以前の巨匠たちの絵は軒並み美術館に収まってしまった。優れた美術品が市場に出回る機会は減り、市場全体の縮小が予想されるようになった。オークション会社などにとっては死活問題で、目を付けたのが安定的に供給が見込める現代アートだ。

ランキング

  1. 【カメラマン日記】メディアアーティストの落合陽一さんが飛田新地をパノラマ撮影

  2. 【テクノロジーと人類】(14)感染症の歴史 戦時に大流行、時代の転換点に有料プラン記事

  3. 山形新幹線の新車両「E8系」が仙台に到着

  4. 東京都の若年女性支援、ずさんな制度運用「Colabo」監査で発覚有料プラン記事

  5. 【話の肖像画】歌手・石川さゆり<28> 一人娘は〝陰のプロデューサー〟

  6. 【本ナビ+1】フリーアナウンサー、宇垣美里 『らんたん』眩しすぎるシスターフッド

  7. 【クローズアップ科学】「好き」受け入れる脳の仕組み カギは音のリズム有料プラン記事

  8. 【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(909)連続強盗、取材力見せた『文春』

  9. 大阪国際女子マラソン29日号砲 大阪市内で交通規制

  10. 遊郭の面影残す飛田新地を3D映像に メディアアーティストの落合陽一氏 関西芸術祭で作品展示へ有料プラン記事