和歌山県職員、買春容疑で逮捕 奈良

奈良県警本部=奈良市
奈良県警本部=奈良市

奈良県警桜井署などは10日、少女に現金を渡してわいせつな行為をしたとして児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、和歌山県橋本市紀ノ光台、和歌山県職員の松田千明容疑者(37)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年11月、奈良市内のホテルで、交流サイト(SNS)で知り合った奈良県に住む15歳の女子高校生に現金を渡して買春をしたとしている。松田容疑者は「18歳未満とは知らなかった」と容疑を一部否認している。

県警によると、女子高校生がSNSに援助交際を持ちかけるような投稿をしており、県警がサイバーパトロールで発見した。

会員限定記事会員サービス詳細