モデル勧誘女性にわいせつ容疑 自称カメラマン逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

交流サイト(SNS)でモデルとして誘った女性にわいせつな行為をしたとして、大阪府警は10日、準強制わいせつの疑いで、堺市西区鳳南町の自称カメラマン、大橋正嗣容疑者(52)を逮捕した。「胸や尻を触ったが、合意の上だった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は4月、大阪市城東区鴫野東の集合住宅一室にある撮影スタジオで、SNSでモデルとして誘った20代女性に「いい表情が撮れる」と誤信させ、陰部を触るなどわいせつ行為をしたとしている。スタジオは大橋容疑者が平成30年11月に個人契約していた。

府警によると、大橋容疑者はSNSで「無料で宣材撮影をしている」「サロンモデルとして活躍できる撮影」などと女性にメッセージを送っていたという。府警は、同様の事件に関与していないか調べる。

会員限定記事会員サービス詳細