脱走ドーベルマン、確保の決め手は「おいで」 発見女性の工夫

岡島愛さんと愛犬のドーベルマン「うり」
岡島愛さんと愛犬のドーベルマン「うり」

体長約1メートルのドーベルマンは、「おいで」のかけ声に反応してゆっくり近づいてきた。千葉県木更津市で4月22日にあったドーベルマン4匹の脱走劇。捜索に加わり確保したのは同じ犬種を飼うボランティア女性だ。「進んで人を傷つけることはまずない。怖い犬だとの偏見を持たれるような事態にならなくて良かった」と話した。

ドーベルマンの子犬=千葉県木更津市
ドーベルマンの子犬=千葉県木更津市

脱走の通報があったのは午後4時ごろ。それを知った日本警察犬協会会員の岡島愛さん(29)=同県松戸市=はいても立ってもいられず、動物保護団体に相談すると「年の近いおとなしい犬がいれば『一緒に遊びたい』と思って出てくるかも」と助言を受けた。捜索に加わるため、愛犬の雌のドーベルマン「うり」と夫(27)、友人(27)で木更津市へ。車で進んでいると、午後11時半ごろ、側道を並んで歩く成犬1匹と子犬3匹を発見した。

友人と夫がおやつを手に声をかけると、成犬がとことこと近寄ってきた。警察官と飼い主が到着するまで約10分間、全くほえずにじっとしていた。子犬は疲れていたのか、抱きかかえると腕の中で眠りに就いたという。

会員限定記事会員サービス詳細