佐々木朗「先頭に集中」 13日オリックス戦で登板

ノックを受けるロッテ・佐々木朗希 =ZOZOマリンスタジアム(福島範和撮影)
ノックを受けるロッテ・佐々木朗希 =ZOZOマリンスタジアム(福島範和撮影)

ロッテの佐々木朗が9日、ZOZOマリンスタジアムで練習を行い、13日の京セラドーム大阪でのオリックス戦登板に備えた。今季7度目のマウンドに向け「先頭打者を出すと苦しくなってしまうので、先頭を打ち取ることに集中して投げたい」と意気込んだ。

6日のソフトバンク戦では6回を6安打1失点11奪三振で勝敗は付かなかった。疲労のため出場選手登録を外れて再調整し、中11日で臨んだこともあり「疲れもしっかり取れていたので、速球やフォークボールも良かった」と振り返った。

京セラドーム大阪での登板は今季3勝目を挙げた4月24日以来。その時は制球が乱れ5回2失点と内容はいまひとつだっただけに「長く投げて(救援陣に)負担をかけないようにしたい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細