宮城・村井知事 「インフルと同じ扱いを」 コロナ「5類」緩和へ

宮城県の村井嘉浩知事
宮城県の村井嘉浩知事

宮城県の村井嘉浩知事は9日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを「2類相当」から季節性インフルエンザ並みの「5類」への緩和を検討すべきとの考えを示した。「コロナの知見がたまり、治療法も薬もでき、4回目のワクチン接種を行う方針も示された。そろそろ通常のインフルと同じ扱いにすることを検討してもよいのではないか。国全体で考えるタイミングに来ている」と語った。

政府が訪日外国人観光客の受け入れを6月に再開する方向で調整していることについては、「このタイミングで緩和の方向に進むのは遅いくらいだ」と指摘し、「患者が発生した場合の対応策は調整し、外国人に観光客として東北や宮城に来てもらえる環境を作りたい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細