「コロナで施錠」争う姿勢 東京・日野の精神科病院

東京都日野市の精神科病院「七生病院」で入院中に新型コロナウイルスに感染した際、複数の感染者と共に病室の外から施錠されて隔離され、精神的苦痛を受けたなどとして、東京都内の50代女性が病院長などに550万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁立川支部(佐藤重憲裁判長)で開かれた。病院側は請求棄却を求めた。

訴状によると、女性は十数年前にうつ病と診断され、症状悪化により平成29年2月~令和3年7月に入院。大規模なクラスター(感染者集団)が発生した3年3月に陽性となり、他の感染者5人ほどと一緒に同10~20日、劣悪な環境の病室に法令上の根拠もなく隔離された。

病室には南京錠がかけられて簡易トイレ一つだけが置かれ、ナースコールの設備もなかった。入浴や歯磨きもできず、適切な治療がないまま陰性になるまで閉じ込められたと説明。「監禁で人間の尊厳が否定される苦しみを味わった」と訴えた。

会員限定記事会員サービス詳細