石綿建材企業を一斉提訴へ 6月、元労働者ら180人

全国一斉提訴について説明する弁護団=9日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
全国一斉提訴について説明する弁護団=9日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み、肺がんや中皮腫などを患ったとして、元労働者と遺族ら約180人が建材メーカーに損害賠償を求め、6月7日に全国8地裁で一斉提訴することが分かった。弁護団が9日、東京都内で記者会見を開き、明らかにした。

昨年5月に最高裁が国の責任を認め、被害者への給付金制度が創設された一方で、建材メーカーとは個別の審理が必要とされ、各地で訴訟が続いている。

弁護団によると、新たに起こす訴訟では、最高裁が賠償責任を一部認めた建材メーカー11社を中心に、元労働者1人当たり2600万円の賠償を請求する。この訴訟を通じて、建材メーカーに謝罪や早期解決のための和解、給付金制度への資金拠出を働きかける狙いがある。

弁護団の井上聡弁護士は記者会見で「メーカーの責任も厳しく追及したい。完全救済を目指す」と話し、集団提訴への参加を呼びかけた。

会員限定記事会員サービス詳細