審判員、冷静な対応を プロ野球実行委で確認

ロッテ・佐々木朗希投手を試合中に〝恫喝〟した白井一行審判(河田一成撮影)
ロッテ・佐々木朗希投手を試合中に〝恫喝〟した白井一行審判(河田一成撮影)

日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が9日、オンラインで開かれ、ロッテの佐々木朗希投手が判定をめぐって球審に詰め寄られたことを受け、審判員が冷静な対応に努めることを確認した。

公認野球規則の「審判員に対する一般指示」という項目には「悪い事態に対処するにあたっては、感情を捨てて自制することが、いちばん大切なことである」などと記されている。NPBの井原敦事務局長は「しっかり順守するということを確認した」と説明した。

また、宮崎県内での秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」は、10月10~31日に開催することが決まった。

会員限定記事会員サービス詳細