堀江が復帰 ラグビー日本代表候補

日本ラグビー協会は9日、今年度の15人制男子日本代表候補選手63人を発表し、昨年度は代表活動に参加しなかった36歳でワールドカップ(W杯)3大会連続出場中のフッカー堀江翔太(埼玉)が復帰した。

代表キャップを持たない選手では23歳のWTB根塚洸雅(東京ベイ)らが選出された。SO松田力也(埼玉)やCTB中村亮土(東京SG)、フランス1部でプレーするFB松島幸太朗(クレルモン)らはコンディションの都合で外れ、6~7月のテストマッチにも出場しない。

オンラインで会見した代表の藤井雄一郎ディレクターによると、体力テストなどで半数程度に絞り、31日に代表メンバーを発表。6月3日から宮崎市で強化合宿に入る。チームは6月にウルグアイ代表、7月にフランス代表とそれぞれ2試合を行う。

会員限定記事会員サービス詳細