SNS誹謗中傷にサイト「トマリギ」 女性クリエーターが目指す「被害者のよりどころ」

被害者支援に

2月8日の公開から約3カ月がたち、徐々に参加者や書き込みが増加しているという。件数は非公表だが、関口さんは「SNSで傷ついた人が真っ先に駆け込んで羽を休める止まり木のような存在を目指していく」と話す。

今後は、行政機関と連携して啓発活動などを進めたい考えだ。全国初の「インターネット上の誹謗中傷等の被害者支援等に関する条例」を制定した群馬県とはさっそく協力関係を築いた。

関口さんは山本一太知事と共同会見を行ってサイトの存在をアピールしたほか、県もホームページ上で民間の取り組みとして紹介している。山本一太知事は「SNS上で傷つく人を一人でも減らしたいという関口さんの思いは、まさに県が目指す被害者支援と同じ方向性だ」としている。

「TOMARIGI(トマリギ)」のURLは、https://tomarigi-sns.jp

(柳原一哉)

会員限定記事会員サービス詳細