投資額が急増、気候変動に挑むスタートアップに追い風が吹き始めている

気候変動の抑制につながる技術を開発しているスタートアップに追い風が吹き始めた。欧米諸国が温室効果ガスの削減に向け取り組みを強化するなか、こうした企業への投資額は右肩上がりになっている。

牛は毎日、何百回となくげっぷをする。これにより大気中に大量のメタンを放出する牛は、温室効果ガスの排出において主要な原因となっているのだ。

環境保護主義者は、畜産業が地球に与える影響を抑えるために牛肉を食べる量を減らすよう、数十年にわたって消費者に呼びかけてきた。しかし、アレックス・ブラウンは違う考えをもっている。牛のげっぷそのものを減らそうというのだ。

米国のスタートアップAlga Biosciencesの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)であるブラウンは、牛の消化機能を変化させる飼料添加物の開発に取り組んでいる。ブラウンのスタートアップは、特定の種類の藻類(カギケノリ)を牛に与えるとメタンの排出を80%以上減らせるという、過去の科学的知見に基づいた製品を開発しているのだ。

しかし、カギケノリの大量生産にはコストがかかるという。安価な代替品をつくるためにも、ブラウンの会社は昆布を化学的に変化させる方法を研究している。

また、ブラウンは新しい技術が飼料農家のコスト削減にもつながると訴求している。昆布を食べた牛は普段の飼料より多くの栄養分を保持できることから、農家は牛に与える餌を20%ほど減らせるとブラウンは説明する。

市場価値が高まる環境分野のスタートアップ

ブラウンは、テック関連のシードアクセラレーターとして知られるYコンビネーターが3月下旬に開催した「Demo Day」でアイデアを発表した約400人の起業家のひとりだ。このイベントは、Yコンビネーターが年に2回開催しており、起業家たちがエンジェル投資家やベンチャーキャピタル(VC)に自分たちのアイデアを売り込むチャンスとなる。今年のDemo DayはZoomで開催されたが、これはYコンビネーターが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まってから継続している形式だ。

今回のイベントでは、スタートアップ向けのネット銀行やフィンテックに関する大きなアイデアをもった起業家が多く集まった。そのうち31人は環境対策を目的とする製品やサービスをつくっており、こうした事業のプランを発表した起業家の数は過去最高だったという。Yコンビネーターは2010年以降に気候変動に取り組む90社に資金を提供しており、そのおよそ3分の1以上に相当する数の起業家が今回のDemo Dayに集まったのだ。

なかには空気中の二酸化炭素を直接吸収する巨大な機械を製造する企業のように、偉業を成し遂げようと野心に満ちた企業もある。ほかにも、ソフトウェアを活用して太陽光発電所の発電力を最大化するスタートアップや、企業の二酸化炭素排出量の削減を支援する企業も出てきている。

会員限定記事会員サービス詳細