TikTokは、いかに社会に影響を及ぼしているのか  「見えないアルゴリズム」を解き明かす研究者たちの挑戦

ロシアによるウクライナ侵攻においてTikTokが果たす役割が注目される一方で、おすすめの表示や拡散のアルゴリズムは“ブラックボックス”のままだ。そこで、このアルゴリズムを理解し社会への影響力を読み解こうと、研究者たちが取り組み始めている。

ロシアがウクライナへと侵攻し始めてから10日ほど経った3月6日のこと。ロシアにおいて“フェイクニュース”の拡散を禁止する法律が成立したことを受け、TikTokはロシアのアカウントからの新規投稿を停止すると発表した。

一方でTikTokの運営元は、ロシア国内のユーザーが国外のアカウントによる投稿を見られなくするというもうひとつの決定については、声を潜めている。こうしたなかソーシャルメディア関連の研究グループTracking Exposedは、TikTokはウラジーミル・プーチン大統領の政府の意向に沿うようつくられた巨大なエコーチェンバーの内部にロシアのユーザーを囲い込んでいると、このほど発表した報告書で指摘している。

周囲から孤立したデジタル世界の内部では、今回の侵攻を支持する投稿を発信するロシアのアカウントのネットワークが運用を継続できていた。「TikTokには情報エコシステムの明らかな操作がみられました」と、Tracking Exposedでリサーチのリーダーを務めるサルバトーレ・ロマーノは語る。

TikTokの広報担当者はTracking Exposedの指摘に関してコメントを控え、会社としてロシアからの新規投稿を停止するとの従来の発表を繰り返すにとどまった。しかし、中国企業であるバイトダンス(字節跳動)が運営するTikTokは、ほかの米国のソーシャルメディアほどロシアに批判的な姿勢を前面に出しておらず、ロシア政府側もTikTokには他社ほど厳しい扱いをしていない。

EUはプラットフォーム各社にロシアの政府系メディアへの欧州からのアクセスを停止させる制裁を科しており、TikTokもこれに従っている。Facebook運営元のメタ・プラットフォームズ、グーグル、ツイッターはいずれもアルゴリズムを調整し、そうしたメディアが発信するコンテンツやリンクを表示されにくくする措置をとっている。

これに対する報復なのか、FacebookとTwitterはロシア国内のインターネット検閲によりアクセスを遮断された。3月21日には運営元のメタが「過激な活動」を展開しているとして、モスクワの裁判所がFacebookとInstagramの活動を禁じる決定を出している。

求められるTikTokの役割の解明

ロシアにおけるTikTokの動きや、ウクライナでの戦争に関する動画や噂の拡散にTikTokが中心的な役割を果たしていることを考えると、TikTok上でどのように真実と虚偽の情報が広まっていくのかという疑問の解明がさらに急がれると、Tracking Exposedののロマーノをはじめとする研究者は指摘する。

TikTokは地政学的に重要な位置づけにあり、そのこともこの問いに取り組もうとする研究者が直面する壁を浮き彫りにしている。17年にサービスを開始したTikTokは、21年9月時点で月間10億人のユーザーを有するが、ほかのソーシャルメディアと比べてあまり研究されておらず、研究自体がより難しい。

会員限定記事会員サービス詳細