現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月7日

世論調査は、時に矛盾した数字を導く。それを端的に示したのが、憲法記念日の3日に朝日新聞が掲載した全国世論調査だった。それによると、憲法9条を「変えるほうがよい」は33%にとどまり、「変えないほうがよい」の59%に遠く及ばない。9条改正は支持されていないようにみえる。

▼ところが同じ調査で、9条1項、2項はそのままにし新たに自衛隊の存在を明記する自民党の9条改正案を問う設問では、賛成が55%と反対の34%を大きく上回っていた。はて国民の判断はどっちなのか。調査結果はつじつまが合わない。

▼察するに有権者の多くは9条改正と聞くと、平和主義を放棄するようなもっと抜本的な変化を思い浮かべて忌避するのではないか。または自民党の努力が足りず、自衛隊明記案がまだ十分に浸透していないためか。あるいはその双方が原因か。

ランキング

  1. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  2. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  3. 【産経抄】5月17日

  4. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  5. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  6. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  7. 【100年の森 明治神宮物語】記憶(2)都心で湧き続ける「清正井」

  8. 【正論】日本人が持ち合わせる「人類最強」の性質とは… 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  9. 【100年の森 明治神宮物語】記憶(4)日本と台湾を結ぶ大鳥居

  10. 【浪速風】国技が教えてくれる

会員限定記事