露外務省、英大使呼び抗議 メディア対象の制裁に反発

ロシア外務省は6日、英国のブロナート駐ロシア大使をモスクワの本省に呼び、英政府がロシアのメディアなどを対象に科した追加制裁に「断固とした抗議」を伝えたと発表した。

同外務省は、国営テレビを含む主要メディアが制裁対象とされたことについて「2国間関係を最終的に崩壊させようとする破壊的な措置で、受け入れられない」と指摘し、ロシアは厳しい態度で対抗すると強調した。

英政府は今月4日、ロシアのウクライナ侵攻を正当化しているとして、政府系テレビ「第1チャンネル」などの放送や新聞に関係する個人や団体に入国禁止や英国内の財産を凍結する制裁を科した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細