浪速風

仕事とは…

「仕事というのは、自分で見つけてやるもので、自ら率先してやるのが仕事。人からいわれたことしかできないのは作業」。あるテレビ番組で耳にした、食堂のおかみさんの言葉にどきっとした。自分がやっているのは仕事か作業か。「全部仕事です」と胸を張れる人はどのぐらいいるだろう

▶新型コロナウイルス禍では、医療や介護など社会生活に欠かせない仕事を担う「エッセンシャルワーカー」に感謝しよう、という風潮が生まれた。一方、世界的に話題になったのが米人類学者、デヴィッド・グレーバーの著書「ブルシット・ジョブ」(クソどうでもいい仕事)だ。「本人でさえ正当化しがたいほど、完璧に無意味で、不必要で、有害でさえある有償の雇用」と定義される、対極的な仕事である

▶大型連休も間もなく終わり。週明けから本格勤務の人も多いだろう。「ブルシット・ジョブだから」と腐ってしまえば作業になる。仕事にするのは、自分自身だ。

会員限定記事会員サービス詳細