引っ越し情報を一般ごみに サカイ社員

サカイ引越センター(堺市)は6日、同社社員が3月上旬ごろ、客の氏名や住所など406人分の個人情報が記載された見積書などを自宅の集合住宅のごみ捨て場に一般ごみとして捨てていたと明らかにした。同社は、「情報漏えいに当たり、管理体制が十分でなかった。再発防止に努める」としている。

シュレッダーで細断するよう指導していたが、「処分に困り、紙の上に生ごみを入れて一緒に捨てた」と話しているという。捨てられた見積書などには、元の住所と引っ越し先の住所や連絡先、家財リストなどが含まれていた。

4月末に外部から情報が寄せられ把握したという。


会員限定記事会員サービス詳細