札幌、冬季五輪招致の機運醸成 10日に「プロモーション委員会」設置

札幌市役所(坂本隆浩撮影)
札幌市役所(坂本隆浩撮影)

2030年の冬季五輪招致を目指す札幌市は10日、日本オリンピック委員会(JOC)とともにオールジャパンで機運醸成を進める「北海道・札幌2030オリンピック・パラリンピックプロモーション委員会」を設立する。同日に札幌市内のホテルで初会合を開き、今後の招致活動の在り方などを話し合う。

会長には北海道商工会議所連合会の岩田圭剛会頭が就任。会長代行は秋元克広札幌市長と山下泰裕JOC会長、副会長は鈴木直道北海道知事、森和之日本パラリンピック委員会会長。最高顧問はスポーツ議員連盟会長で自民党副総裁の麻生太郎氏、特別顧問は2030年オリンピック・パラリンピック冬季競技大会招致議員連盟会長の橋本聖子氏など。

委員はオリンピアンやパラリンピアンなどスポーツ界をはじめ、経済界や有識者などから幅広い分野、世代で選出している。

市の担当者は「国際オリンピック委員会(IOC)による五輪開催地の選定プロセスは現在2段階。各委員からの意見を踏まえ、冬までには第1段階の招致の方向性などをまとめたい」としている。

また、関係者によると、IOCの事務担当者が今月末、開催地の選定にかかる資料作成などで、招致活動を進める札幌市内や帯広市、ニセコ町の競技会場を訪れるという。

会員限定記事会員サービス詳細