大谷翔平「(フェンウェイ・パーク)楽しみにしていた」 主な一問一答

レッドソックス戦に「3番・投手兼指名打者」で出場し、7回無失点で3勝目を挙げたエンゼルス・大谷=ボストン(共同)
レッドソックス戦に「3番・投手兼指名打者」で出場し、7回無失点で3勝目を挙げたエンゼルス・大谷=ボストン(共同)

米大リーグは5日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平は敵地ボストンでのレッドソックス戦に「3番・投手兼指名打者」で出場し7回を投げ無失点、無四球で11三振を奪い、3勝目(2敗)を挙げた。大谷がフェンウェイ・パークで登板するのはメジャー5年目で初めて。大谷は充実の表情でプレーを語った。

―-フェンウェイ・パークで初登板

「好きな球場なので楽しみにしていたし、いい印象が持てたのでそこもプラスかなと思う」

―-前夜フル出場してのデーゲーム

「体はしんどかったけど、ある程度早めに寝て、いい準備ができた」

―-一番良かったのは

「いい投球だったと思うけど、スコアリングポジション(の走者)も多かった。その中でいいプレーに助けてもらい(点を)取る時にしっかり取るチーム力が良かった」

―-右股関節の張りは

「投げる時はない。マウンドでも感じなかった。まだ最初なので、大きいけがにつながらないように気をつけたい」(共同)

会員限定記事会員サービス詳細