石川がトキ放鳥先に名乗り

トキの放鳥候補地への応募を明らかにした石川県の馳浩知事
トキの放鳥候補地への応募を明らかにした石川県の馳浩知事

石川県は6日、国の特別天然記念物トキを巡り、環境省が今月にも開始する放鳥候補地の公募に応募すると明らかにした。能登地方を候補地とし、本州で最後にトキ「能里」が捕獲された穴水町を含む4市5町との連名で応募する。

輪島市で開いた放鳥受け入れに関する地元自治体との協議会で、馳浩知事が提案し同意を得た。馳知事は「トキが能登の空を舞う夢の実現に向けて一致結束して取り組もう」と呼びかけた。

環境省によると、正式に名乗りを上げたのは石川県が初。公募では過去にトキの生息実績があることを原則として、3カ所程度を選ぶ方針という。トキの放鳥は現在、新潟県佐渡市のみで実施されており、2008年に始まった。

会員限定記事会員サービス詳細