愛知の認可外施設で1歳児死亡 パン詰まらせ窒息か

愛知県内の認可外保育施設で昨年6月、当時1歳5カ月の外国籍の男児が死亡する事故が起きていたことが6日、分かった。県の検証委員会がまとめた報告書によると、パンを喉に詰まらせたことによる窒息とみられる。

報告書によると、事故は昨年6月23日に発生。男児は他の園児からもらったパンを口に入れたとみられ、せき込んだため園長が口の中を確認すると、パンが詰まっていた。園長は自家用車で病院に搬送したが、男児は死亡した。

園長は保育士資格を持っておらず、ベビーシッターの講習も受けていなかった。当時、1人で1~3歳児7人を見ていたという。事故後の同年7月1日に閉所した。

会員限定記事会員サービス詳細