現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

巧妙化するランサムウエア攻撃 NTTサイバー専門家・松原実穂子

2月末にランサムウエア攻撃を受けた小島プレス工業本社工場。同社はトヨタ自動車に部品を供給しており、トヨタは国内全工場の稼働を停止した=愛知県豊田市
2月末にランサムウエア攻撃を受けた小島プレス工業本社工場。同社はトヨタ自動車に部品を供給しており、トヨタは国内全工場の稼働を停止した=愛知県豊田市

2月以降、複数件のランサムウエア攻撃が日本でも報じられた。ロシアのウクライナ軍事侵攻後、「参戦」を表明したロシア系ランサムウエア攻撃集団がいるのは事実だが、日本への攻撃がウクライナ情勢と関連しているかどうかは現時点では不明である。

「二重の脅迫」型が主流に

ランサムウエアが厄介なのは、感染すると業務に不可欠なデータが暗号化され、業務やサービスの提供が中断してしまうことだ。サプライチェーン(供給網)に連なる他の企業や工場の稼働にも影響が及びかねない。「ランサム」は英語で身代金を意味し、いわば業務継続を「人質」に取るサイバー攻撃だ。

独立行政法人情報処理推進機構は、組織への「情報セキュリティ10大脅威」の第1位を昨年に引き続きランサムウエア被害としており、脅威動向に注意が必要だ。

NTT サイバー専門家、松原実穂子氏
NTT サイバー専門家、松原実穂子氏

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

  3. 【産経抄】5月24日

  4. 【浪速風】弱気の虫を吹き飛ばそう

  5. 【風を読む】「官の関与」に懸念がすぎる 論説副委員長・長谷川秀行

  6. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  7. 【一筆多論】データを使えない日本 佐藤好美

  8. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  9. 【主張】クリーンエネ戦略 原発新増設から逃げるな

  10. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

会員限定記事