共同訓練円滑化協定で大枠合意 日英首脳会談

ジョンソン英首相(右)と会談する岸田首相=5日、ロンドン(共同)
ジョンソン英首相(右)と会談する岸田首相=5日、ロンドン(共同)

【ロンドン=杉本康士】大型連休中の最後の訪問先として英国を訪れた岸田文雄首相は5日午前(日本時間同日夜)、ジョンソン首相と英首相官邸で会談した。両首脳は自衛隊と英軍が共同訓練などで相互訪問する際の手続きを簡素化する円滑化協定の締結に向け、大枠合意に達した。ジョンソン氏は東京電力福島第1原発事故後の日本産食品への輸入規制について、6月末までに撤廃実現を目指す考えを表明した。

日本が2国間で相手国軍の法的地位を定めた協定に署名すれば、米国とオーストラリアに続き3カ国目となる。相手国に滞在する自衛隊と英軍の課税免除や、事件・事故の裁判管轄権など法的地位を事前に定めることで相互訪問のたびに調整する必要がなくなる。

両首脳は協定の早期署名に向けて作業を加速することで一致した。航空自衛隊F2戦闘機の後継機について、米国などと連携しつつ「2022年末までに協力の全体像について合意する」ことでも合意した。

両首脳はロシアのウクライナ侵攻について「欧州・大西洋とインド太平洋の安全保障は不可分」との認識で一致。「自由で開かれたインド太平洋」に向け日英が連携することを確認した。中国による一方的な現状変更の試みや、北朝鮮による核・ミサイル開発、拉致問題に対して連携することを確認した。ジョンソン氏は「英国は引き続きインド太平洋地域にコミットしていく」と述べた。

また、両首脳はウクライナ危機を受けた原油価格高騰を受け、エネルギー安全保障で連携することで一致。ロシアに対する圧力強化に向け、アジア、アフリカ両地域の国に働きかけることも申し合わせた。英国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加盟についても意見交換した。

「フライ」と「フライング」で歓迎 相思相愛の日英防衛協力

会員限定記事会員サービス詳細