現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

平時から為すべきサイバー戦略 東京財団政策研究所長、慶応義塾学事顧問・安西祐一郎

安西祐一郎氏
安西祐一郎氏

ロシアによるウクライナ侵攻は、世界に多くの教訓を突き付けた。その一つは平時におけるインターネット通信網、その他、先端デジタル技術に支えられたデジタルインフラの整備如何(いかん)が、国家的リスクに大きな影響を与えることである。デジタル化周回遅れと言われて久しい日本が為(な)すべきことは何か、その一端を提案したい。

ウクライナから得る教訓

地政学的課題のみならず、グローバルなサプライチェーン(供給網)の分断、大規模災害、パンデミックなど広く国レベルのリスクに対処できるようにデジタル技術と人材を結集することが大切だ。

ランキング

  1. 【産経抄】6月30日

  2. 【主張】参院選と年金 不安解消の具体的道筋を

  3. 【主張】G7サミット閉幕 対露圧力を世界に広げよ

  4. 【三重正論懇話会】北欧2カ国のNATO加盟「ロシアにブーメラン」 斎藤勉・本紙論説顧問が講演

  5. 【正論】<君民の絆>の象徴・靖国神社 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  6. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

  7. 【浪速風】焼け石に水の「節電ポイント」

  8. 【産経抄】6月29日

  9. 【産経抄】6月28日

  10. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

会員限定記事