非軍事施設への攻撃続く 抵抗弱める狙いと英分析

ウクライナ南部オデッサでミサイル攻撃を受けた建物の消火活動の様子として、公表された画像(同国非常事態庁提供、ロイター=共同)
ウクライナ南部オデッサでミサイル攻撃を受けた建物の消火活動の様子として、公表された画像(同国非常事態庁提供、ロイター=共同)

英国防省は4日、ロシア軍がウクライナの学校や病院、住宅、交通の拠点といった非軍事施設への攻撃を続けていると指摘した。軍事作戦が行き詰まる中、ウクライナの人々の抵抗する意志を弱める狙いから、民間のインフラ施設を意図的に狙っているとの見方を示した。

英国防省はまた、ロシア軍がウクライナ南部のオデッサやヘルソン、南東部のマリウポリを引き続き主要な標的としているのは、黒海へのアクセスを完全に支配下に置くのが目的だと分析。海上から各都市や前線へ物資を運ぶ経路を押さえ、ウクライナ経済に打撃を与えることが可能になるとした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細