秀岳館高サッカー部員の謝罪映像 監督が言動を指示

記者会見の冒頭に謝罪する私立秀岳館高の中川静也校長(右端)ら=5日午後、熊本県八代市
記者会見の冒頭に謝罪する私立秀岳館高の中川静也校長(右端)ら=5日午後、熊本県八代市

熊本県八代市の私立秀岳館高サッカー部の男性コーチが部員の生徒に暴行した問題で、学校側は5日、記者会見を開き、このコーチによる部員への暴力行為を24件確認したと明らかにした。5人が打撲などのけがをした。他のコーチの暴力も1件あったという。

この問題をめぐっては、暴行の様子を撮影した動画が交流サイト(SNS)に投稿され、4月20日に学校が事態を把握。動画では、コーチが部員の脚を蹴ったり、背中を殴ったりしていた。熊本県警八代署は4月25日、暴行容疑でコーチを書類送検している。

問題発覚後、部員11人が動画投稿を謝る映像もSNSに掲載された。学校側は5日の会見で、段原一詞監督が撮影にあたり、マスクを外して名前を名乗るよう指示していたと明かした。

全生徒を対象にした暴力行為に関するアンケートの結果、サッカー部では生徒間でも13件を確認。部以外では、職員から生徒への暴力が9件あった。学校側は「日常茶飯事ではないが、回数が多かったことは間違いない。職員の生徒指導力を高めていく」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細