NY株続伸、932ドル高 急激引き締めの警戒感後退

ニューヨーク株式市場で働くトレーダーたち(ロイター)
ニューヨーク株式市場で働くトレーダーたち(ロイター)

4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比932・27ドル高の3万4061・06ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が政策金利の0・75%引き上げを積極的に検討していないと発言したのを受け、急激な金融引き締めへの警戒感が和らいで買いが膨らんだ。

ダウ平均は全面高となり、一時は990ドル近く上昇した。景気に敏感とされる銘柄やIT関連株が特に買われた。FRBはこの日終了した連邦公開市場委員会(FOMC)で通常の2倍となる0・5%の利上げを決めたが、予想されていた通りだったため株式相場を大きく左右する要因にはならなかった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、401・10ポイント高の1万2964・86。

個別銘柄では、機械のハネウェル・インターナショナルや建設機械のキャタピラーの上昇が目立った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細