陸上の桐生が右脚に違和感でセイコーGP欠場

桐生祥秀
桐生祥秀

日本陸連は4日、男子100メートル元日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が8日に行われるセイコー・ゴールデングランプリ(国立競技場)を右太もも裏の違和感のため欠場すると発表した。

桐生は4月24日の出雲大会で特別レースの100メートル決勝を10秒18で制したが、29日の織田記念国際を欠場していた。

男子400メートルのウォルシュ・ジュリアン(富士通)も右太もも裏の違和感のため、同400メートル障害の山内大夢(東邦銀行)も右太もも裏の痛みによりそれぞれ欠場する。

会員限定記事会員サービス詳細